まさかの買取額、出ました

まさかの買取額、出ました

買取業者さんから査定額を聞くK子さん。

 

いったい、中古車買取の額はいくらになったんでしょうかっ!?

 

 

 

本日は3社の査定です。

 

画面に表示されている査定額をみせてくれます。

 

 

「ここからフツーは下がります」

「中古車を買っていただけるなら、ここの上乗せします」

「引渡し時期が明確になるなら、ココにかなり乗せられます」

 

各社、それぞれ営業トークのカラーがありますねー。

 

正直な印象の業者さんもいれば、ちょっと口がウマすぎんじゃないの?っていう業者さんもいます。正直な業者さんに売ってあげたいけどね…。

 

いったん、検討して決めるからと業者さんには帰ってもらいました。

 

 

 

後日、残りの一社の査定も終え、こんな金額が出てきました。

 

 

 

A社…50万円も夢じゃないかも?

 

B社今月中なら、52〜53万。中古車を買っていただけるなら+10万

 

C社52万円くらい。手放す時期が早ければもう少し高く出来るかも。

 

D社49万5千円。下がることはあっても上がることはないと思います。

 

 

 

B社さん…今月中はムリっす。すぐ中古車を買う予定もないので、外します。

 

D社さん…アンタ…正直だけど、一番安いのにさらに下がるってなんなの。

 

 

 

 

 

 

その後、C社さんが「60万、頑張ればいけるかも〜!?」と連絡をいただいたのですが、「会社からは55万円が限界でした!」との返答。

 

あー、がんばってくれたのかも知れないけど、ちょっと印象はマイナスだなー。

 

 

 

で、もともとパッとしない金額を出してきていたA社さんは、55万5千円という金額を出してくれたので、K子さんは決めました。

(C社が55万でしたって言ったからですが、それは一応C社にはナイショにすべきことだったらしいです)

 

 

この金額は、車に詳しい仲間にも聞いたり、ネットでも相場を調べたところ「かなり誠意のある金額」だったそうです。

 

そして、無事に引き渡しも終わり、K子さんの車は売られていったのでした。

 

K子さんの頭のなかにはドナドナが流れていたそうです。愛着のある車だったんですね。

 

私の車はどこへ行く

page top